生粋のIntel信者が会社で支給されたHP ENVY x360 convertible(AMD)を1年使った。ノートPCなのに持ち運びに適さない。その理由は?

システムの開発会社でカッコ良くいうと、ITベンチャー企業に勤めてもうすぐ1年になります。

約1年間、HP ENVY x360 convertibleを使った感想です。

会社から支給されるパソコンは、基本的には選べず、用意されたものを使うことが多いと思います。

その為、忖度なく正直な感想を書きました。

みなさんは、ノートパソコンを選ぶ時どの様な基準で選びますか?

私の場合は、キーボードの形状とスペックで選びます。

好みからいうとThinkPad X1 Carbonです。

実際にプライベートでも使っています。

目次

HP ENVY x360 convertibleのスペック

私が使っているHP ENVY x360 convertibleのスペックです。

CPU:Ryzen 5 4500U
メモリ:8G
ストレージ:512GB
液晶サイズ :13.3インチ
液晶種類:FHD IPS 光沢
質量:約1.25kg
外部接続ポート:USB Type-C(タイプC、USBC)、USB3.0×2

CPUの性能です。

CPUコア数6コア
スレッド数6スレッド
GPUコア数6コア
クロック数基本:2.3GHz
最大:4.0GHz
キャッシュL2キャッシュ:3MB
L3キャッシュ:8MB

スペックを見てもあまりピンとは来ないかもしれませんが、性能はそこそこ高いです。

動画編集や画像編集には向きませんが、それ以外ならなんでもこなせます。

システム開発会社なので、開発したシステムのデモストレーションが、スムーズに行えるように性能が高めのパソコンを支給されています。

特殊なキーボード配置

こちらのHP ENVY x360 convertibleは、性能が高くていいのですが、ノートパソコンだけで使うとすごく使いにくいです。

なぜかというとキーボードの配置が特殊だからです。

こちらをご覧ください。

このように、EnterキーやBackspaceキーが本体の端にありません。

モニターを見ながらパソコンを打ちづらいです。業務効率が落ちます。

普段は、MacBook的な言い方ですが、クラムシェルモード(外部モニター接続)で使用しています。

モニターに繋ぎ、キーボードはLenovoのキーボードを使っているのでデスクにいる時は快適に使えます。

しかし、外部モニター接続をやめてパソコンを開くと画面が反転しシャットダウンしないと戻らない症状が頻発します。

また、持ち出しが多い場合別のことで困ることも多いです。

実際に使った感想 本体が重い!

見た目はスタイリッシュで、コンパクトなんですが、出張で持ち運ぶには重いです。

カバンがずっしりします。

パソコンを持って外出するならこのパソコンは向いてないです。

キーボードは打ちにくい、本体は重いで持ち運はツラいです。

まとめ

ノートパソコンだけで使うには、持ち運ぶにしても、キーボードを打つにしても使いにくいですが、外部モニターに接続して、キーボードも接続して使う分には、性能も高いのでいいのではないでしょうか?

外部モニターに接続する場合はHDMIのポートはないのでUSB Type-Cにハブ接続して分岐する必要があります。

最近のハイスペックノートパソコンの外部接続はこのUSB Type-Cが多いですね。

他の方の記事もご覧になりませんか?

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
この記事をシェアしませんか?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡県在住。1982年生まれの39歳。
2003年からWebライティング。約20年
20代で会社を起こし、医療・介護事業コンサルティングを行う。
現在、6件WEBページを管理している。
ブログ2件、有名人ファンサイト1件、支援サイト1件、ECサイト2件運用中。
ブログの最高PV数38,900/1日
コンサルティング、ブログやSEOの経験を活かしご相談をお受けします。
筆者プロフィール
【詳しいプロフィールはこちら】
お問い合わせはこちらからお願いします。
【お問い合わせここをクリック】

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる