MENU

苦楽を共にしたフリクションボールペン。安価モデルは3年で無残な姿に。0.5mmから0.38mmに改造。

このエントリーをはてなブックマークに追加

3年前、東証一部に入社する前は、frixionボールペンのフリクションボール3 ビズを使用していました。

見て頂くとわかるんですが、インク消しゴムの部分にキャップがついています。

このキャップをいちいち外して、インクを消すのが面倒で、外したまま使っていました。

キャップを外した状態で、手帳のペンフォルダーに刺すと、とてもダサいです。

東証一部の社員なんで、身だしなみも大切!なんて当時は意気込んでいて、その時に購入したボールペンが

フリクションボール3 スリム 038でした。

あれから、30年 3年

持ち手のゴムが剥がれました・・・

安いので新しいのを買えばいいと思いましたが、3年でダメになるならと、長く使えそうなウッドを購入。

木目がいい感じ。

ウッドだけあって、販売されているボールペンの木目は1本1本違いました。

分かりづらいですが、ウッドボールペンのほうが、0.5mmでフリクションボール3スリムが038mmです。

芯の上が黒だと0.5mm、白だと0.38mmです。

フリクションボールペンウッドの芯を0.5mmから0.38mmに差し替えました。

手帳との見た目の相性もばっちりです。

他の方の記事もご覧になりませんか?

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
この記事をシェアしませんか?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡県在住。1982年生まれの39歳。
2003年からWebライティング。約20年
20代で会社を起こし、医療・介護事業コンサルティングを行う。
現在、6件WEBページを管理している。
ブログ2件、有名人ファンサイト1件、支援サイト1件、ECサイト2件運用中。
ブログの最高PV数38,900/1日
コンサルティング、ブログやSEOの経験を活かしご相談をお受けします。
筆者プロフィール
【詳しいプロフィールはこちら】
お問い合わせはこちらからお願いします。
【お問い合わせここをクリック】

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次