MENU

【intel】インテル第13世代 CPU Raptor Lake「Core i9-13900K」など発表。Core i9 12900Kとの比較表あり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、こんな記事を書きました。

世代別のCPUのエンブレムシールを紹介した記事です。

今回は、インテル第13世代CPUの発表があった為、色々な記事の内容を取りまとめて紹介します。

目次

インテル第13世代 CPU Raptor Lakeの特徴

①動作クロックの向上

②Eコアの増加

③L2キャッシュの増加

最高5.8Ghz動作のi9-13900K。前製品i9 12900Kとの比較で最大41%の性能向上

第13世代Coreプロセッサの詳細。

第13世代Core、Raptor Lakeの特徴として、「(Raptor Coveへと進化し)最大5.8Ghz動作のP-Core」、「E-Coreが二倍の規模になった(最大16×E-core、8×P-Core)」、「L2キャッシュを増大(P-Coreはコア当たり1.25MB→2MB、E-Coreは4コアのクラスター当たり4MB)」といった要因により、前世代製品Core i9 12900Kと比較して600MHz向上。最大シングルスレッドが15%向上、マルチスレッドで41%向上した。

来年は、Core i9 13900KSも登場か?

第13世代CoreプロセッサはEコアが2倍に

Intel「ハイブリッドアーキテクチャ」

インテル第12世代より、高性能コアとなるPコアと、高効率コアとなるEコアという2つの種類のCPUコアを搭載。

Pコア(Performanceコア)と呼ばれる高性能コア

Eコア(Efficientコア)と呼ばれる高効率コア

Eコアが増えたことにより、マルチスレッド性能が向上している。更にクロック数も増加している。

第13世代インテル Core i9 プロセッサー

i9 13900K

i9 13900KF ※内蔵グラフィックス非搭載

プロセッサー・ナンバーi9 13900Ki9 12900K
コア数2416
Performance-coresの数88
Efficient-coresの数168
スレッド数3224
ターボ・ブースト利用時の最大周波数5.8GHz5.2GHz
L2キャッシュ32MB14MB
最大ターボパワー253W241W

第13世代インテル Core i7 プロセッサー

i7 13700K

i7 13700KF ※内蔵グラフィックス非搭載

プロセッサー・ナンバーi7 13700Ki7 12700K
コア数1612
Performance-coresの数88
Efficient-coresの数84
スレッド数2420
ターボ・ブースト利用時の最大周波数5.4GHz5.0GHz
L2キャッシュ24MB12MB
最大ターボパワー253W190W

第13世代インテル Core i5 プロセッサー

i5 13600K

i5 13600KF ※内蔵グラフィックス非搭載

プロセッサー・ナンバーi5 13600Ki5 12600K
コア数1410
Performance-coresの数66
Efficient-coresの数84
スレッド数2016
ターボ・ブースト利用時の最大周波数5.1GHz4.9GHz
L2キャッシュ20MB9.5MB
最大ターボパワー181W150W

予測スコア

YouTubeチャンネル 清水貴裕より引用

最大シングルスレッドが15%向上、マルチスレッドで41%向上をそのまま当てはめたCinebench R23予測グラフ。

他の方の記事もご覧になりませんか?

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
この記事をシェアしませんか?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡県在住。1982年生まれの39歳。
2003年からWebライティング。約20年
20代で会社を起こし、医療・介護事業コンサルティングを行う。
現在、6件WEBページを管理している。
ブログ2件、有名人ファンサイト1件、支援サイト1件、ECサイト2件運用中。
ブログの最高PV数38,900/1日
コンサルティング、ブログやSEOの経験を活かしご相談をお受けします。
筆者プロフィール
【詳しいプロフィールはこちら】
お問い合わせはこちらからお願いします。
【お問い合わせここをクリック】

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次