オススメのモデルはこれだ!Anker Nano II 30W 45W 65Wを色々な観点から比較してみた。

Anker NanoIIは、Anker独自の「Anker GaN II」を搭載した、小型充電器です。

同じシリーズで3種類発売されていて、

30W、45W、65Wのラインナップがあります。

目次

パッケージ

まずは、パッケージです。

パッケージに書かれている内容は、少しずつ違いますが、豪華にできています。

65Wには、Active Clamp Flyback電源回路が使われており、少しだけ電源効率を良くすることができています。

こちらの回路を使う事により、65W版はここまで本体を小さくする事が出来ました。

ただ少し重いですが。

重さの比較

次に重さの比較です。

30W版は47.3g

45W版は68.5g

65W版は116.9g

製品名に『Nano』と付いているので、小さくするというコンセプトですが、65W版は小さくはありますが重いものを詰め込んだ。そんな仕上がりです。

充電器の仕様とテストからの値

数字が小さい方が優秀な充電器です。

比較/ラインナップ30W45W65W
価格2,990円3,390円3,990円
重さ47.3g68.5g116.9g
1W当たりの価格
数字が小さい方が優秀
82円62円60円
1g当たりのワット数
数字が大きいほうが優秀
0.63W/g0.66W/g0.56W/g
1㎤あたりのワット数
数字が大きいほうが優秀
0.82W/㎤0.83W/㎤0.98W/㎤
個人的な感想微妙バランスが良い優秀

実際の使い方

実際に、行ったテストですが、使用するパソコンの消費電力によって、結果が変わってくるため

画像は割愛します。

付属品のACアダプター150Wのノートパソコンでテストした結果です。

30Wのモデルは充電できません。

45Wは充電できました。バッテリーを充電しつつノートパソコンの必要な電力供給もできています。

※ノートパソコンの消費電力によっては充電できないことも起こりそうです。

65Wモデルは、充電しながら使用できます。

※重い処理を行うと45Wモデルも65Wモデルも充電できない場合がありそうです。

45W版か65W版か迷った時の選び方のポイント

ノートパソコンがグラフィックボードを搭載したゲーミングモデルやMacbookProの場合は65W版

純正の電源アダプターが45Wなら45W版

持ち運びをしなくて固定で使うなら65W版

このような選び方でいかがでしょうか?

参考までに

Lenovo ThinkPad X1Carbonの純正アダプターは45Wです。

Lenovo ideapad 330も15インチでありながら、純正アダプターは45Wです。

持ち運び用の一般的なノートパソコンなら45Wモデルでも充電できそうです。

今回紹介した製品です。

30W版はこちら

45W版はこちら

65W版はこちら

他の方の記事もご覧になりませんか?

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
この記事をシェアしませんか?
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

福岡県在住。1982年生まれの39歳。
2003年からWebライティング。約20年
20代で会社を起こし、医療・介護事業コンサルティングを行う。
現在、6件WEBページを管理している。
ブログ2件、有名人ファンサイト1件、支援サイト1件、ECサイト2件運用中。
ブログの最高PV数38,900/1日
コンサルティング、ブログやSEOの経験を活かしご相談をお受けします。
筆者プロフィール
【詳しいプロフィールはこちら】
お問い合わせはこちらからお願いします。
【お問い合わせここをクリック】

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる